平屋

スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

<後悔しない家づくり>サンワカンパニー、デザインと価格に納得できる施主支給を選ぶ。

施主支給でお世話になった「サンワカンパニー」。価格お安めでデザインも納得の行く建築資材を提供しています。久しぶりに見ると当時(6年前)よりもどんどん素敵なデザインの物を販売されているようで、見ていて楽しいです。
インテリア

家づくりの参考に北欧家具の収集研究者、織田氏の自邸を見てみるべし。

北欧家具が日本で有名になり、人気がある背景には、織田憲嗣氏の影響があると思います。 高島屋の宣伝部から、デザイン事務所経て、近代の家具研究に取り組み、北海道東海大学芸術工学部教授になり、そして現在はご自分で設計した北海道の素敵な森の中のご自邸で暮らしておられるそうです。
バリアフリーの家とは

建築コスト削減の仕方ーIKEAクローゼットと本棚を自分で組み立て。

我が家はバリアフリー平屋。基本、家全体がワンフロアのような造り。 玄関から入って、左方面にクローゼットや寝室などのプライベートスペースがあり、右方面にはキッチンやリビングといったスペースの間取りとなっています。
インテリア

バリアフリーの浴室の作り方ー造作バスルーム&小上がり仕様で解決!家事動線も完璧!

せっかくの自由設計です。夫が使える素敵なバスルームを目指すこととしました。 造作でのバスルームです。もちろん、予算のことを考えるなら、ユニットバスやハーフユニットバスが良いです。 しかし、これでは夫が一人でシャワーを浴びることさえできません。
バリアフリーの家とは

後悔しない家づくりーFPの家にして正解!住み心地に満足しています。

特に夫の車いす生活にはバリアフリーが欠かせませんし、室内で過ごす時間が長くなるので快適で居心地よく好きなものに囲まれていなきゃ楽しくない。それに、手足が冷えやすいから温かい家がいいのだけど、暖房効率を考えて部屋を仕切ると車いすで移動がしにくくなる。そうすると、高断熱・高気密の家にしなきゃでしょ。色々考えた挙句、選択肢に残ったのが「FPの家」でした。
働く主婦の時短家事

働く主婦の時短家事ー溜めない家事が週末に活きてくる

毎日、家事をするというと疲れます。 なので、私は素敵な家を素敵に見せて居心地よくするための方法と考えてやっています。 だって、インテリアが素敵じゃないとせっかくの家が面白くないし、せっかく買った素敵な絵や置物が映えませんし、気に入った物...
バリアフリーの家とは

後悔しない家づくりー家を誰に建ててもらうのか?

家を建てるとなると、どこに注文するかを決めなければなりません。 とりあえずすることがモデルハウスがたくさんある住宅展示場に行きますよね。 わが家も住宅展示場、いくつか尋ねました。素敵なキッチンに余裕のある間取り、無垢の床に素敵な壁紙に石張りのアクセントウォールなんて当たり前です。
バリアフリーの家とは

郊外のバリアフリーの平屋をおすすめする理由。

我が家、平屋が故、土地代の安い郊外です。でも、郊外だからこその最高の眺めを享受していますよ。 年を取ればとるほど、環境って大事な気がします。やっぱり、無機質な隣りのビルの壁を見て暮らしたいとはあんまり思いませんしね。
スポンサーリンク