スポンサーリンク

働く主婦の時短家事ー溜めない家事が週末に活きてくる

働く主婦の時短家事
スポンサーリンク

毎日、家事をするというと疲れます。
なので、私は素敵な家を素敵に見せて居心地よくするための方法と考えてやっています。
だって、インテリアが素敵じゃないとせっかくの家が面白くないし、せっかく買った素敵な絵や置物が映えませんし、気に入った物を置いてるのに散らかってる家ほど残念なものはありません。

今回は週末の家事の仕方について書こうと思います。

平日は掃除機をかけません。クイックルワイパーで床掃除のみ。
だから、しっかり週末は掃除機です。
ダイソン使っています。(ダイソンの良し悪しはまた書きます。)
これで、ベッドから床、洗濯機の乾燥フィルタなどをホコリというホコリをできるだけ吸ってもらいます。
ですが、その前に一つやっておく作業があります。
金曜日の朝の家事に一つ加えています。
毎日するクイックルワイパーでの床掃除の前に「クイックルハンディー伸び縮みタイプ」で棚の上から家具や照明器具などホコリが付いているだろう所を高い所から低い所とこの”クイックルハンディ―”でお掃除します。
伸び縮みして、使い捨てで非常に便利。これは時短に役に立っています。
以前は羊毛のを使っていたのですが、やはり汚れてきますし、高い所に届かないので、椅子を持ってきたりしてめんどくさかったのです。

このクイックルハンディを金曜日の朝ににしてしまうのかというと、金曜日の夜に掃除機を掛けるだけにして、土曜日を有効に使いたいからです。

病院の多くは土曜の午前中までですから、通院は土曜日に行くしかありません。
金曜日のうちに掃除機をかけておけば、土曜日に朝から出かけて、午後は買い物やら掃除になって、せっかくのお休みがもう無くなってしまうのです。

金曜日の夕食の後片づけが終わったら、お掃除をします。
お隣がうるさい?いえ、お隣は1件のみですし、うるさいほど隣接していませんし、周りはほぼ田んぼ。。ラッキーです。テレビを見ている夫にお構いなしにかけまくりです。
まずはベッドをシーツを掛けたままダイソン君に吸ってもらいます。
で、冬場は羽毛布団のシーツ、夏場はタオルケット、ベッドのシーツをはがしてお洗濯。
ベッドパットもダイソン君にしっかり吸っていただきます。ホコリの大半はお布団などの布製品から出ます。だから、しっかりここで吸います。ダイソン君のダストボックスに「ひえぇー!」てくらいすぐに綿ぼこりが溜まるのです。それとも、繊維までも吸っているのだろうか?疑問ですが、ここでのダイソン君のパフォーマンスは気に入っています。しかし、気に入らない部分も多々あるのですが。。。

掃除機が終わるころ、洗濯も終わるので、一旦洗面所の物干しに洗いあがった洗濯物を干します。翌朝、ある程度乾いているのでこれを早朝に乾燥機にかけて畳んで仕舞います。
金曜日は掃除機掛けとトイレ掃除とシーツなどの洗濯で終了です。
土曜日に予定がない時は、別洗いしたい白物、色物の洗濯とか床拭きなどを午前のうちに終わらせます。
金曜日の一仕事が終わっているかいないかで土曜日の午前の時間が有効に使えるようになるので出来るだけここで一仕事終えることを頑張っています。
というか、土曜日に用事があって、掃除をしないと日曜日に掃除を持ち越しになります。そうすると休みに「ほか~」っと時間を過ごすことが全くできなくなるのですよ、、だって、季節ごとの家事をすることもあるでしょ。
買い物も行かなければならないし、車もたまに洗車が必要だし、庭仕事もあるし。。
それらは、やはり平日というわけに行かないので、土日にするとすぐに時間って潰れてしまいますものね。で、当たり前ですが食事の準備やら平日と同じか少し頑張って作れないもの作ったりすると、時間ってあっという間に無くなってしまいます。

少しでも時間を有効に使うためには、毎日のちょっとを怠らないって事だと思っています。

毎日ちょっとをすればいつも気持ちよく過ごせますが、溜めてしまうと一気にドーンとやらなければならなくなって気力と体力を消耗します。

何事も継続は力なりです。

コメント