スポンサーリンク

イオンなどのペットショップー見たく無いのよ。

保護犬
スポンサーリンク

最寄りのイオンに時々買い物に行きます。
ツタヤがあって無印があって、その向かいにペットショップがあります。
土日の休み、家族やカップルがワサワサと子犬や子猫を見ています。
ハイ。。ここ絶対に見たくないです。

保護犬を飼っていると書きましたが、理由はそこにあります。

絶対に年に数回悪徳ブリーダーのニュース出てくる。
もう、そんなの見たくない聞きたくない!!
もちろん、まともなブリーダーさんもいますが、まともなブリーダーさんはショーケースで売る販売店に自分が繁殖した子犬子猫を出さないのではないのかな。

議論の多い点ですが、日本でもショーケースでの生体販売をやめる法律がいつかできるといいと思っています。

でもね、消費者がいるから販売者がいるんです。
ショーケースの子犬子猫を欲しがる。
一時の可愛さを求めてね。

そんな私もショーケースで買いました。(笑)
だって、、可愛かったのです。

でも、犬を飼ったスタートは犬のエンドも考えなければならない。
多くの人はエンドをちゃんと知っている?
動物病院に行くと老々介護している飼い主さんや大変な病気を抱えたペットを毎週病院に連れてきている人もいっぱいいます。
最後まで大切に飼っている人がほとんどだと思いたいです。

でもね、そうじゃない人がやっぱりいるんですね。
お金だせば目の前の可愛い子犬をポンって買えちゃうんですよ。
ポンって買えたから、手に負えなくなっちゃうとポンって捨てちゃう。

我が家の保護犬クレマちゃんはどんな半生を過ごしたのか??捨てられたの?それとも悪徳ブリーダーに用無しにされたの?と変な妄想を掻き立てられて精神衛生にも良くない。

イオンとかで「可愛い~」ってしている人を見ちゃうと、「な~にが可愛いだ!あんたちゃんと犬猫の一生自分のご飯削ってでも世話できるんか!」なんて心の中で言ってしまうので、絶対に見ない!近づかない!が私にとって良いようです。

もし、ペットを飼う場合はまず飼い主のいない犬猫からというのが当たり前って人々の意識が変ったらいいのに。
それでも、気に入った種類のペットがどうしても欲しいなら、ブリーダーさんから直接交渉でしか飼うことができなかったとしたら。
家族との面接があってブリーダーさんが信頼できる飼い主と判断したら、家族に迎えることが許可されるとか、ヨーローッパみたいになったらいいのに…。

日本って、ペット事情に関しては本当に後進国ですね。。

読んで下さりありがとうございました♪

にほんブログ村 住まいブログ バリアフリー住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へにほんブログ村 インテリアブログ ミッドセンチュリーインテリアへ

保護犬犬のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tulipをフォローする
バリアフリーの平屋に暮らす、働く主婦の時短と節約と旅行のお話

コメント