スポンサーリンク

子猫の保護記=下痢が治らないならもう一度便検査をしたほうがいい。

保護猫
スポンサーリンク

まずは食いしん坊なお二人へのご飯。。
回虫のせいなのか、お母さん猫から離れたストレスか、食欲は猛烈ですがお腹が緩いのです。。

しかも、猫もゲリッぴすると非常に臭い!
何とか早く治してあげたい!

まずは良いご飯を選ぶしかないのかなぁと、ホームセンターへ。

やはりプレミアムなキャットフードを買うべきか。
とりあえず中間を取って、「ヒルズのサイエンスダイエット・キトン」です。
2、3日与えたところ、一匹の方はすこしマシになったけど。。もう一匹が全然治んない。。

もう一度病院へ行きました。
下痢止めもらいましたが、下痢止めって一時的なものでしょう?
根本的には治らない気がするんです。

やっぱり、、ご飯はプレミアムなものがいいのでしょうか??

ニュートロ ナチュラルチョイス・キトンチキン」これでどうでしょう?
消化に良いように、ふやかして。

でもね、、あんまり変わんない。

すると、猫にも「ビオフェルミン」って良いと書いている人が。。
これなら薬局ですぐ手に入るから今日からでもあげられるわ!

すると、、少しずついい感じ。。
ところが、、先にゲリッぴ脱出した方の仔猫ちゃんがまた猛烈にゲリッぴ!!

なんか、お尻から紐が出てきた???
「ギョェ~~!これはお腹の寄生虫~~!!!」
ハイ…また、病院へ…。 私:「先生、仔猫のお尻から紐みたいなのが出てきましたぁ~~」
先生:「ちょっと調べますね。」
仔猫のウンチを顕微鏡で調べます…
先生:「フフ…。マンソン君がおるね。」
私:「? マンソン君って誰ですか?!」
先生:「コレコレ。」と、壁のポスターを指さす。
マンソン裂頭条虫 と書かれて写真が載っています。
私:“!”「お尻から見たのはこれでした!でも、なんで回虫検査の時にはわからなかったんですか?」
先生:「マンソン君が十分に成長してないと発見できないんだよ。顕微鏡で卵があるかで判断するからね。」
私:「なるほど。。」

って、ことで外で何かしら食べてた猫ちゃんたちは回虫駆虫で安心してはいけないようです。

蛇やカエルを食べると感染するので、やはりカエルや蛇が生息する田舎で外にいたとするとこのマンソン君に感染している可能性大です。

もし、猫ちゃん保護したら、よく観察してお腹の虫をちゃんと駆虫。
完全に駆虫できるように、1ヶ月くらいは様子を観察しておいた方が良いようですね。

コメント