スポンサーリンク

バレンタインデー。夫にチョコレートをプレゼントする?しない?

私のこと
スポンサーリンク

夫婦円満の為にするべきことの一つに『記念日を大切に』って言うのがあります。
我が家も、結婚記念日は大切にしていますが、如何せん、自分の誕生日も当日には忘れていたりするので、『〇〇日』は注意してないと忘れる。

仕事のある平日だと忘れますよね。。
例えば、誕生日の週末に食事に行こうとか決めていると、もう、そこが”誕生祝をする日”になるので、実際の当日はもう忘却。

結婚10年目にして夫の誕生日を当日の朝、うっかり忘れました。
きっと傷ついただろうと思いますが、、相変わらず飄々としておりました。。。
人の心の中は良く解りません。

しかし、『バレンタインデー』とかは周囲が騒がしく、今年のバレンタインチョコの流行やデパ地下のチョコのニュースが放送されるので、おのずと告知され忘れようがなく、助かっています。
正直なところ、”〇〇日”って、面倒くさいなぁ~と思いつつ生きてきました。
どちらかというと、渡す対象にプレゼントしたいものを発見した時が一番のプレゼント日和。
渡すのが楽しくなるし、自分も満足な一番いいプレゼントが渡せる気がするのですよね。

思いつかないのに、絞り出してプレゼントを決めて買っておかなきゃならないということが苦でなりません…。

このバレンタイン。チョコレートなんですよね。
お菓子屋さんの商業主義にまんまとはめられているとは解りつつも、みんながするので、チョコを男性社員に渡さねばと毎年、強迫観念に襲われる会社の女子社員たちを思い出します。

今の会社は無し。そういう習慣のない会社で良かったなぁ…。
しかし…家庭ではどうしているのでしょうか?夫にみんなチョコレートをプレゼントしているのでしょうか??

我が家は、チョコも好きなので、チョコをプレゼントしてもいいのですが、色々と考えて、、いつもは買ってあげられない高めの『お酒』をプレゼントすることにしました。

お酒の種類は、シングルモルト。
昔から、このヨード臭いお酒が好きなんですね。
好きな人にはたまらないのでしょうけど、、ちょっと飲むとヨード臭い味の奥に甘みがあったり辛みがあったり、、ん~。ちょっとは解る気がしてきました…。
でも、これをグイっとは飲めませんね。

いわゆるスコッチウイスキーは普段でも買えますが、これが”シングルモルト”のウイスキーとなると1本、750mlくらいの瓶で4000円くらいから高いとウン万円とかね。結構な値段がするんです。
基本、12年の熟成期間を要するのでお高くなるんでしょうね。
もっと長く熟成されるとそれに応じで値段が上がります。
日本だと有名なのは、NHKのテレビドラマ、『マッサン』で有名になった”竹鶴”があります。

他にはサントリーの”山崎”とか”白州”などになりますが、本家スコットランド産のものはもう少し、現地の地中に眠る泥炭でピートと呼ばれる燃料が使われるので、独特の香りが強く、味が違います。
中でもアイラ島というところの醸造所で造られた”ボウモア”ってのが一番好きなんですって。

おかげで、シングルモルトの生産地はおよそ覚えました。
知らないことを知る機会にもなり、いいものです。
お酒って、奥が深いのでハマる人が多いのでしょうね。

しかしながら、我が家ではこの価格のお酒を日常的に飲んでいただくと家計に響きます。ですから、この機会を利用してプレゼントするのです。

だから、チョコレート選びにアクセクしないと決めました…。フフ♪
ちなみに、今年は何を思ったのか、母が沢山チョコレートを我が家に置いていきましたので、購入はしないで済ませますの…。

だって、、、買いに行くのがね。。デパ地下寄るのもネットを散策するのも結構時間が掛かるんですよね~。
ま、バレンタインにとびっきりいいチョコを買って二人で食べるって言うのもいいんですけどね♪

そういう事で、多くの妻が夫にバレンタインに何かしているのか、していないのか知りませんが、本人が好きなものをプレゼントする日にしました。

本当に思うのですが、「こうしなきゃ、ああしとかなきゃ…」と前は色々と翻弄されていました。
最近は、なんだか、イヤ、世間がそういってもね、チョコレート嫌いな人あげても仕方がないし、それなら自分がプレゼントしたいと思う物や、絶対に喜ぶと解っているモノをプレゼントした方がよっぼどいいんじゃないかって思うようになったんですよね。

夫だし、好きなものをあげとこ!!
これなら悩まず「パッ!」と決められるし、チョコよりうれしいでしょ?

夫よ、今年も楽しんでチビチビ、飲んで下され♪

コメント