スポンサーリンク

IKEAのバスタオルで、簡単!枕カバーの作り方。

インテリア
スポンサーリンク

久しぶりにミシンを出してお裁縫。
でも、、縫ったのは4本の直線縫いだけ。

『枕カバー』を作ったのです。
海外のベッドのように素敵なクッションや枕をたくさん置いてみたいな~♪なんてずっと思っていたのですが、、そうすると朝のベッドメイクがめちゃくちゃ面倒くさそう。
朝はもう分単位で忙しいから・・・。
でも、完全にあきらめてたわけではないのよ。。

無印に久しぶりにいくとこんなものがお安く売っている・・・。

羽根まくら 50×70cm | 無印良品
水鳥のフェザーを使った、しっかりした使い心地の枕です。軽くて、へたりにくく、長く愛用いただけます。羽毛の選別工程を点検し、ダウンジャケットやクッション、まくらへと無駄なく使用することで価格を見直しました。羽根の突き出しを防ぐ為、側生地は二重構造になっており、四辺は二本針でのステッチ仕様で処理し、丈夫さを重視しました。ま...

50センチ×70センチで、お値段990円。水鳥さんに申し訳ない・・・。
少し、、匂いがするかな・・・と思いきや、さすが無印さん。特有のにおいが少な目。。
・・・イケアさんのクッションはとっても臭いから。。。

イケアの羽毛クッションの臭いを消す方法。
ゴールデンウィークは、買い足ししたかったものを購入しにイケアへ行きました。欲しかった一つは「クッション」。現在、IKEAのクッションを使っています。名前は”FJÄDRAR フィェドラール”。羽毛といいますか、正確には羽毛の中でも鳥の羽のダウン部分ではなく、羽根っぽいところが沢山の「ダックフェザー」のものでございます。

タンポポ綿毛のお高い羽毛クッションや枕も高級ホテルを感じさせて良いのだけど、”フェザー”(ふわふわのタンポポ部分ではなく羽根部分が混じったものの方が”パン”としたハリのあるクッションになる。まあ、そうすると匂いにつながりがちだけど、、、)
だから、イケアの”羽根クッション”は臭いからしっかり洗って、、愛用していますの。

無印の羽根枕も”フェザー”のおかげでいい感じにハリがあって、なおかつ匂いもほとんど気にならず、お値段もとてもお手頃。よし、これならお手軽に理想のベッドに近づけられるかも♪と、2つ購入。
と「枕」は買ったものの、、、「枕カバー」をどうする???

パイル生地が好きなので、、、そうだ!!バスタオルでカバー作ればいいじゃん♪と、ネットを検索してみると、ある、ある、皆さん上手に作られています。

バスタオルで作る枕カバーの作り方。なんと直線縫い2本で完成! | ぎゅってWeb
バスタオルで枕カバーを作ってみました。タオルを折って、2カ所直線縫いするだけ!驚くほど簡単で、あっという間に完成します。タオルのサイズを調整すれば、同じ作り方でクッションや座布団のカバーも作れます。覚えておいて損はないですよ!
ファスナーなしで簡単。枕カバーの作り方 | Craftie Style
毎日使う枕カバーを、お気に入りの生地で作ってみませんか?枕の大きさに合わせて作ることができ、お好みの色やデザインの生地で愛着のあるアイテムを作ると、睡眠時間が楽しみになりますよ。 そこで今回は、直線縫いだけで作れる簡単な

バスタオルをまず買おう!と思ったものの、バスタオルだとちょっと味気ないカバーになるかなぁ。。。と思いながらとりあえずIKEAのネットを散策してみますと、これ良さげ・・・♪

VALLASÅN ヴァラソーン バスタオル, ダークイエロー, 70x140 cm - IKEA
VALLASÅN ヴァラソーン バスタオル, ダークイエロー, 70x140 cm この綿/ビスコース製のダークイエローのワッフル生地のタオルは、吸水性と速乾性があります。縁飾りが遊び心をプラスします。VINARN/ヴィンアルン タオルにぴったりのスタイルとカラーです VINARN/ヴィンアルン タオルとコーディネート...

何を思いついたかと言いますと、端がフリンジになっているでしょ。
これがちょっといい雰囲気にならないかしらと思いまして。
色は現物を見ていないのでどうかな??と思いましたが、落ち着いた黄色、ちょうど絵の具の”山吹色”くらいで、わが家の壁の色にもマッチしていて気に入りました。

パイル生地のもので何かあればよかったのですけど、
ワッフル生地の凹凸とフリンジのおかげでいい感じの仕上がりになりました。

適当に折りたたんで、、、上下を縫うだけ。
枕の大きさに合わせて。。。
ワッフル生地なので、意外と伸びる。枕は横幅70センチでバスタオルは横幅140センチ。。。むむ、、長さが不足するか。。。と思ったものの、入れ込む部分を10センチくらいとって縫ってみると、全然OK。
少し詰め込むくらいがハリが出ます。なので、少し横幅は不足気味になっても収縮するワッフル生地のおかげで全然大丈夫でした。
そこらへんいつもの適当っぷりで問題なくて良かった。

70センチ×140センチのバスタオルなら50センチ×60センチの枕だと余裕をもって作れると思います。
縦に生地の余分が出てしまいますが、枕に入れてしまうと全然気にならないので縫い代が多いまま枕を入れてしまっています。
鋏で切るとかえってほつれて、その処理がまた大変な気がします。。

手前の枕は少し小さい、50センチ×60センチの枕。
サイズ差がもう少しあった方がバランスはいいけど、まあ、少しの変化が満足感に繋がればそれでOKよ。
パイル生地が大好きだけど、このIKEAのワッフル生地、思ったより柔らかくていい感じ。
ただ、、うつ伏せになる人は顔に後が残るかも、、、。

夏場はどうしても「タオルケット」で寝たい派なので、タオルケットをたたんでベッドに置くとその状態が気に入らない。
でも枕の存在でベッドルームの雰囲気がちょっと良くなったわ♪と自己満足中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました