家のこと

スポンサーリンク
インテリア

ミニマリストや断捨離、言葉に流されない自分に合った整理整頓法があるはず。

ミニマリストは興味ありません。断捨離。単に捨てればいいってもんじゃない。 物がないと必然的にすっきりするかもしれません。でも生活していて何が楽しいのでしょう。 置き場がないからって、自分が好きな物や大切な物は簡単に捨てられません。 偉そうなことを言いましたが、モノの管理は大変。
バリアフリーの家とは

オール電化ー深夜電力で無理せず楽な節電生活のすすめ!

毎月の電気代、気になりますよね。 節約上手の皆様は大変上手に電気代と向き合っていると思います。 きめ細やかな節電ができるタイプの人間ではない私。 ええ、節電生活は適当です。。。スミマセン。
働く主婦の時短家事

オール電化にするのかどうか?悩むけどおすすめしたい、IHクッキングヒーター。

家を建てる時に考える大きな選択肢の一つに、エネルギー源があります。 ガスと電気の両方かそれともオール電化にするのか?です。 わが家はオール電化です。理由は、ガスを使って料理することにこだわらなくていいと結論したこと。AEGのIHクッキングヒーターを使っております。グリルはありません。
バリアフリーの家とは

後悔しない家づくりーFPの家にして正解!住み心地に満足しています。

特に夫の車いす生活にはバリアフリーが欠かせませんし、室内で過ごす時間が長くなるので快適で居心地よく好きなものに囲まれていなきゃ楽しくない。それに、手足が冷えやすいから温かい家がいいのだけど、暖房効率を考えて部屋を仕切ると車いすで移動がしにくくなる。そうすると、高断熱・高気密の家にしなきゃでしょ。色々考えた挙句、選択肢に残ったのが「FPの家」でした。
家のこと

ダイソン掃除機DC63を2年使ってみた事実を伝える。

ダイソンは吸ったホコリが目視で確認が出来るというギミックも大きく影響しているかも?しれませんが、ベッドのシーツを吸った時のあのホコリの量を見る限り、「お~!吸っている!いい仕事してるね!」ってなります。あと、我が家には赤い柄の絨毯があるのですが、それを吸うと赤いホコリが見えます。
働く主婦の時短家事

働く主婦の時短家事ー溜めない家事が週末に活きてくる

毎日、家事をするというと疲れます。 なので、私は素敵な家を素敵に見せて居心地よくするための方法と考えてやっています。 だって、インテリアが素敵じゃないとせっかくの家が面白くないし、せっかく買った素敵な絵や置物が映えませんし、気に入った物...
働く主婦の時短家事

働く主婦の時短家事ー2つの溜めないを習慣化すること

毎日の家事、なかなか大変です。 でも、めんどくさがり屋の割にキレイ好き。そしてホコリが大嫌い。 だけど、我が家にはホコリと毛をばら撒く犬がいます。 車いす生活の夫には家事をお願いできません。 兼業主婦の私のは、できるだけ時短でキ...
バリアフリーの家とは

<キッチン>60センチのビルトイン食洗機を絶対おすすめする理由。

兼業主婦の強い味方、「食器洗い機」。導入に至るまでに考えたことをお伝えします。時短、時短と色んな事に時間を掛けないことがもてはやされていますが、、私の時短の強い味方はこのスウェーデン生まれの食器洗い機「ASKO・アスコ」ちゃん。4年使ってみての結論から申しますと、これなしではもう暮らせません。
バリアフリーの家とは

後悔しない家づくりー家を誰に建ててもらうのか?

家を建てるとなると、どこに注文するかを決めなければなりません。 とりあえずすることがモデルハウスがたくさんある住宅展示場に行きますよね。 わが家も住宅展示場、いくつか尋ねました。素敵なキッチンに余裕のある間取り、無垢の床に素敵な壁紙に石張りのアクセントウォールなんて当たり前です。
バリアフリーの家とは

郊外のバリアフリーの平屋をおすすめする理由。

我が家、平屋が故、土地代の安い郊外です。でも、郊外だからこその最高の眺めを享受していますよ。 年を取ればとるほど、環境って大事な気がします。やっぱり、無機質な隣りのビルの壁を見て暮らしたいとはあんまり思いませんしね。
スポンサーリンク