家のこと

スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

フリーソーラープロジェクトでの太陽光発電の工事が終わりました。

端的に説明しますと、我が家からの太陽光発電のパネルから工事一式の支払いはしません。我が家に太陽光発電を屋根に乗せ、売電収入をフリーソーラープロジェクトが受け機材一式の支払いが終わったところで我が家の所有物となるという契約。
インテリア

我が家の小さなクリスマスツリーと手作りクリスマスケーキのこと。

歳を取れば取るほど、一年が短くなります。このまま、人生が終わっていく~と12月になると無性に焦ります。と、まあ、そんな悲しい毎日を送るのもつまらないですから、季節感を…と、家を建てた当初に小さなクリスマスツリーとリースを購入したので、毎年使いまわしております。これで、ちょっぴりクリスマス気分です。やはり毎日の生活に潤いと変化を…。
家のこと

無農薬の玄米食を続けているワケ。食の安全の事。

我が家はかれこれ10年近く玄米食です。結婚前も玄米と白米は交互に食べる程度で食べていたワタクシ。夫が筋ジスということもあり、「食」はある程度(ええ、適当に)気を付けています。全ては「やりすぎると続かない」から、(適当に)を心掛ける程度で(笑)。
スポンサーリンク
働く主婦の時短家事

臭わなくなったタオルの話。香り付きの柔軟剤を辞めてクエン酸柔軟剤。

健康や環境に気を使いつつ暮らすために、付加的なお金が掛かる世界になってしまったことが何だかおかしいと言いますか、矛盾を感じてしまう今日この頃。まあ、色々言っても仕方ありません。
バリアフリーの家とは

台風被害。仮設住宅に60万円・24時間で出来る『3Dプリンターハウス』どう?

私が考える事ではありませんが、前から気になっている『サンフランシスコ発の24時間、60万円で建てられる家』が非常に良くて。これなら、土地はあるけど家を建てるには資金が不足するとか、二重ローンを抱えてしまう事になる人にとって、選択肢を広げられると思うのです。
働く主婦の時短家事

環境を汚さない洗剤に変更中。私にもできる事から始める。

すでに人生の半分は生きたワタクシ。環境への配慮をしつつ生きて来たか?良く解りません。道徳的に生きてこられたかどうか?その部分は多少自信があるかもしれない。兎にも角にも、合成洗剤生活を見直そうと考えています。
バリアフリーの家とは

木製縦格子の塗装ーホウ酸塗装とウッドエイドの塗装

電動サンダーで塗装の為の下処理を行いました。これがかなりの重労働であったので、ウッドエイド塗装はラクだろうとタカをくくっておりましたが、やはり塗装も中々大変でございました…。
バリアフリーの家とは

木製縦格子の塗装ー下準備・電動サンダー掛け

電動サンダーですが、初めて使いますし他の商品を試したこともないので比較の感想が出来ませんが、購入しました「新興製作所・電動サンダー」は素人でも簡単に使えました。付属のヤスリは布製ですので比較的長持ちします。
働く主婦の時短家事

無印良品の”落ちワタ混ふきん”ー安くて便利で使いやすい。

購入したもの。『落ちワタふきん・12枚組』お値段500円。どうしてこれを買ったかと言うと…安くて使い倒せそうだから。ふきんって水を吸ってくれないと困る。だけど質感としてこういうガーゼとかカヤ織っぽいものって使えば使うほどに水分の吸収が良くなる。
バリアフリーの家とは

フリーソーラープロジェクト。太陽光発電を付けることにします。

我が家の屋根。太陽光発電には持ってこいな屋根。付ければ多分沢山発電するであろう屋根。平屋だから、屋根がドバーッとあるし、辺りは太陽を遮る建物もない。
スポンサーリンク