スポンサーリンク
家のこと

オール電化ー電気代と日産リーフのメリット・デメリットを含めた効用について

我が家の愛車は「日産・リーフ」です。 我が家のは初代のリーフですよ。ええ、新型なんかではありません。 新型のリーフは改善点が多く、航続距離もかなり長くなりメリットが増えていると思われます。 ですが、我が家の旧型リーフ、購入したことでのメリットの方が大きいのですが発売されて以降、あまり評判は良くありません。
家のこと

家電の選び方ー足元用に購入、アラジン遠赤外線グラファイトヒーターの使用感

アラジンの遠赤外線グラファイトヒーター。AEH-G403ホワイト。200Wと400Wの切り替えができます。そして立ち上がり0.2秒と書かれている通り、付けてすぐにあったかい。というか、結構な熱さ。 ですが、たったの200Wです。足元にはこれで十分な暖かさだと思います。しかも、少し離れ気味で十分。また、遠赤放射量が多く、ヒーター管寿命が長いそうです。2年保証付き。
バリアフリーの家とは

バリアフリーの作り方ー車いすで使いやすく、家事動線バッチリの洗面ルーム

我が家の洗面ルームは、洗面、トイレ、脱衣所に浴室、ランドリールームに収納と盛りだくさんの要素が詰まっています。この洗面台の向かい側は脱衣所を中心に浴室、反対側に洗濯乾燥機を置いており、脱いだ洗濯物をかごに入れ洗濯へという一連の動作がここで出来ます。
スポンサーリンク
家のこと

家電の選び方ー無印良品の355L冷蔵庫の使い勝手が良かった理由

我が家の冷蔵庫は355Lの無印良品のものです。 キッチンがオープンな空間にあるので、出来るだけインテリアを壊さないデザインを探しました。 引っ越し当初、パナソニックから、鏡のような表面の冷蔵庫が発売されていましたので、一応候補として家電店へ見に行きました。
インテリア

ミニマリストや断捨離、言葉に流されない自分に合った整理整頓法があるはず。

ミニマリストは興味ありません。断捨離。単に捨てればいいってもんじゃない。 物がないと必然的にすっきりするかもしれません。でも生活していて何が楽しいのでしょう。 置き場がないからって、自分が好きな物や大切な物は簡単に捨てられません。 偉そうなことを言いましたが、モノの管理は大変。
バリアフリーの家とは

オール電化ー深夜電力で無理せず楽な節電生活のすすめ!

毎月の電気代、気になりますよね。 節約上手の皆様は大変上手に電気代と向き合っていると思います。 きめ細やかな節電ができるタイプの人間ではない私。 ええ、節電生活は適当です。。。スミマセン。
働く主婦の時短家事

オール電化にするのかどうか?悩むけどおすすめしたい、IHクッキングヒーター。

家を建てる時に考える大きな選択肢の一つに、エネルギー源があります。 ガスと電気の両方かそれともオール電化にするのか?です。 わが家はオール電化です。理由は、ガスを使って料理することにこだわらなくていいと結論したこと。AEGのIHクッキングヒーターを使っております。グリルはありません。
動物病院

犬の「黒い耳垢」。原因は何かをちゃんと診察してもらうこと。

いつもはうっすらと赤茶の耳垢。なので、耳クリーナーでお掃除でなんとかその状態を保っていたのです。ですが、右耳から大量の黒い耳垢が発生。耳掃除しても減る気配がない。しかも、臭いがする。。あ、耳は普段からソコソコ臭っていますが臭いがキツクなりました。 ネットで「犬 黒い耳垢」と検索すると、原因はいろいろありますが、細菌のほかに必ず「耳ダニ」と出てくるのです。
バリアフリーの家とは

後悔しない家づくりーFPの家にして正解!住み心地に満足しています。

特に夫の車いす生活にはバリアフリーが欠かせませんし、室内で過ごす時間が長くなるので快適で居心地よく好きなものに囲まれていなきゃ楽しくない。それに、手足が冷えやすいから温かい家がいいのだけど、暖房効率を考えて部屋を仕切ると車いすで移動がしにくくなる。そうすると、高断熱・高気密の家にしなきゃでしょ。色々考えた挙句、選択肢に残ったのが「FPの家」でした。
世界の名所と美術館

ローマ・ウフィッツィ美術館の『公認ガイド』が非常に残念だったこと。

旅行へ行くと、美術館から発行されている「解説本」を記念に買っています。 旅行から戻って、一息ついたころの週末なんかにチラチラと旅行の余韻を楽しみつつ読みます。 この度も、ウフィッツィ美術館の『公認ガイド・日本語版』を購入しました。 ...
スポンサーリンク