スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

マンション(集合住宅)か戸建てか?ル・コルビジェの『ユニテ・ダビタシオン』素敵な集合住宅。

マルセイユにあるル・コルビジェが建てた、『ユニテ・ダビタシオン』wiki情報もどうぞ。働く現代人に合わせて合理的に造られていて、キッチンは手が届く範囲に棚や収納がしつらえてあり、狭くても非常に使いやすい空間になっている。キッチンって、動かなくても必要なものがサッと手に届くことが凄く重要。ここは人の動作を細かく計算して作ったことが良く解る。
家のこと

食の安全をどこまで考えるのか時々悩みます。我が家の自家製食パンの小麦のお話。

今はカナダ産は使いません。理由は「残留農薬」。ええ、ご存知の方も多いかもしれませんが、あのラウンドアップ(草を枯らせる除草剤、成分はグリホサート)。どこに行っても売っている除草剤ですね。グリホサートを主成分とする除草剤はヨーロッパでは『発がん性』があるとして禁止へと動いています。
インテリア

洗濯ハンガーの収納法とゴミ箱の置場・ランドリースペースを使いやすく快適に~

洗濯ハンガーとピンチハンガーの収納法を考察。我が家の洗濯はそんなに大量ではありません。いつものお洗濯は乾燥まで洗濯機で済ませます。だから、干す作業は少ないし必要な物干しハンガーはたくさん必要がない。
スポンサーリンク
インテリア

無印ラタンバスケットでランドリースペース収納は完成形になりました。

結局、”無印ラタンバスケット”が並んだ状態になりました。下段奥側のバスケットは前からここで使っていたもの。愛犬クレマのタオル類を入れています。手前の低めのバスケットはお風呂以外で使うタオル類。普段の体を拭くお風呂用タオルは、車いすの夫が取りやすい場所にあるのでここに置かないのです。
インテリア

ランドリースペース収納を素敵な空間に模様替え計画。カフェカーテンを縫う。

洗濯をちょっとでも楽しくするスペースにすべく、まずは最上段の太陽光発電で漬けられた「ブレーカー」と「接続箱」を隠してみよう!と画策。ええ、ワタクシ、家を建てるにあたり、カーテンに良さげな生地をちょこっとサンプル的にイギリスから購入したりしておりまして、、ゆくゆくは使わなければクッションなどを自分で造ってやろうと溜め込んでおります。
庭づくり

<庭づくり>オーストラリアンプランツ・グレビレア・冬の花?

玄関の花壇にはオーストラリアンプランツの”グレビレア・ロビンゴードン”を今年の春に植えました。基本的には日本よりも温暖な地域の植物であるため、冬場にどうなるか心配でした。しかし、今年は暖冬。
日々のこと

相性の悪い100円ショップ。やっぱり買わない買えない。プラスチック製品を増やしたくない。

ボトルを探しましたよ。いろんなところで。楽天やらアマゾンやら、、、無印もね。で、人々のおすすめが100円ショップの洗濯洗剤ボトル。ええ、見に行きました。でも、買いませんでした。ワタクシ本当に 100円ショップとは相性が悪いのです。
お金のこと

住宅ローンと日本の借金と北欧社会めざして消費税増税?疑問が沸くので『奇跡の経済教室』を読みました。 

本当は楽しいインテリア本や美術本とか歴史本を読みつつ暮らしたいのです。経済本をなんで私が読まないといけないんだ。知りたいことでも何でもないのに。でも、調べたり読んだりしないと、私のなぞは解決されない。。。
バリアフリーの家とは

フリーソーラープロジェクトでの太陽光発電の工事が終わりました。

端的に説明しますと、我が家からの太陽光発電のパネルから工事一式の支払いはしません。我が家に太陽光発電を屋根に乗せ、売電収入をフリーソーラープロジェクトが受け機材一式の支払いが終わったところで我が家の所有物となるという契約。
インテリア

我が家の小さなクリスマスツリーと手作りクリスマスケーキのこと。

歳を取れば取るほど、一年が短くなります。このまま、人生が終わっていく~と12月になると無性に焦ります。と、まあ、そんな悲しい毎日を送るのもつまらないですから、季節感を…と、家を建てた当初に小さなクリスマスツリーとリースを購入したので、毎年使いまわしております。これで、ちょっぴりクリスマス気分です。やはり毎日の生活に潤いと変化を…。
スポンサーリンク