スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

後悔しないウッドデッキ材の選び方ーやはり木は腐る。

自然素材のウッドデッキ。大変気持ちよく、設置して正解だったのですが、やはり、問題があります。やはり、木材が”雨ざらし”になると、劣化は一段と早くなるという事実です。
バリアフリーとは

本当のバリアフリーって何だろうか?赤ちゃんとニュージーランド議会

ニュージーランド議会は日本よりずっとずっと寛容だし、どんな人々の生活にも、結婚、出産、介護、死、といった過程があり、それを迎える家庭が社会生活に自然に受け入れられているような気がしました。
インテリア

アルテミデ・ミコノスの初めての電球交換。LED電球もいろいろ。

我が家の照明は、ほぼLEDなのですが、LEDではないものもあります。一つは、玄関ホールの照明。イタリアのArtemide製・Miconos(アルテミデ・ミコノス)です。
スポンサーリンク
働く主婦の時短家事

オーガニック洗剤every(エヴリィ)。多目的洗剤で家の洗剤を1本化?

我が家を建築して頂いた会社のイベントで、初めてオーガニック洗剤なるものを買いました。洗剤の数、、どれだけありますか?洗濯用が3種類、食器用、お風呂用にトイレ用、拭き掃除用、これですでに7種類。他にも、アルコールスプレーやらクエン酸、重曹にセスキ炭酸ソーダに…。
バリアフリーの家とは

8月の我が家の楽しみ。打ち上げ花火とデッキで花火。夫婦の良い時間。

バリアフリーの平屋の我が家。なかなかの田舎です。北東、東の方は遠くに小高い山々ですが、南側の方は平野部で大きな建物が無いため、夏は隣の市の花火大会を家から眺めることが出来ます。
お金のこと

家計簿付けて電卓叩いて「自助努力」。これしか安泰な老後はないのかな?

『自助努力』です。年金問題が起きてからこの言葉本当によく聞きます。自助努力しない人が多いのも確かです。でも、大半の人々は我が家同様、自助努力したいと思っているでしょうし、しているのだと思います。
私のこと

お盆。亡くなった家族に会えるなら。

お盆の概念はないのだけれども、この時期になると8月6日の広島、8月9日の長崎、そして8月15日の終戦と重なり、お盆の時期はやはり、戦争で亡くなった多くの人々に思いを馳せる時期となる。
インテリア

”断捨離”に”ミニマリスト”それに”こんまりさん”。どれが自分にあったやり方?本当に必要なモノ選びとは。

所有する『モノ』で自分の何を満たしているかが重要で、自分が価値観をどこに置いているのかがハッキリしなかったら、”断捨離”に取り掛かっても、”ミニマリスト”や”こんまりメソッド”を目指しても効果が無いってことになる。
お金のこと

消費税10%になる前に買っておくものは?その前に、知りたいこと。消費税を上げる理由は本当に福祉のため?

ハイ。ワタクシ家計を預かる主婦です!「消費税が上がるから、、、今のうちに必要な物を安く買っとこう!」って思います。消費税が10月から10%になる。我が家でその前に買い置きしておいた方が良いものがあるか??家を見まわして考えてみる。。
旅のしたく

幸福度1位のフィンランド。わたし達の幸福度を上げる要素って本当は何なんだ?

フィンランド、『福祉国家』です。やはり、障がい者のいる家庭ですから、”福祉”って重要なんですよね。。『福祉国家』だからこそ、幸福度ランキングで上位なのだろうと思うのです。ちょっと気になり、ランキングのグラフをよく見てみました。いったい幸福度は何で図られているのか、どんな理由で高くなっているのかな??
スポンサーリンク