北欧家具

スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

スウェーデンのヴィンテージ家具と模様替え。

”模様替え”を思い立ち、家具の配置を変えました。 一つ、家具が欲しいと考えていたので、模様替えを考えつつ、買った家具があります。 スウェーデンのヴィンテージのブックケースです。素材はチークのもの。 大きさは横幅が60㎝、高さが16...
インテリア

ミッドセンチュリーな壁のオブジェ。ウォールデコを考える。

実は一つやりたいことがある。壁に何か別のものを飾りたい。私が思う”ミッドセンチュリー”な家というと、石張りの壁や板材の壁にウォールアートが掛かっているというイメージがある。
インテリア

ティッシュペーパーの置き場所。テーブルに置くか、置かないか。手元にある便利さを取る。

何かと便利なティシュペーパー。我が家では特にこのお方に”高頻度”で使われる。だから、「パッ」と出せるところに置き、パッと使いたい。
インテリア

バリアフリーの平屋・車いす生活。ー電動リクライニングに見えない?ウッドスプリングベッド。

我が家は車いす生活でも、好きなインテリアを”諦めない”暮らしをしています。毎日寝ているベッドのこと。。夫のような車いす生活の人々はどんなベッドに寝ているのかしら?やっぱり、病院にあるような電動ベッドやパラマウントベッドを使っているのでしょうか?
インテリア

バリアフリーの平屋・車いす生活。ー引き出し式と取っ手次第。工夫して楽しむ。

夫婦で好きなインテリアを楽しめる空間で過ごしたいです。夫も私もインテリアやデザイン、歴史や美術が大好きだから。そして、犬も!車いすでも使いやすく、機能が優先にとなると、どうしても”好きなものを諦める”しかないと考えがちです。
インテリア

バリアフリーの平屋・車いす生活。ー収納は、高すぎない低すぎない、車いすで近づけることがポイント。

我が家はバリアフリーの平屋暮らし。筋ジスの車いすの夫と私と犬の生活です。みんなが心地よく過ごせるように気を付けています。まず、一番は夫が使えるようにしなければならないという事。夫が使いやすい高さの範囲というのがある。
インテリア

「世界は欲しいモノにあふれてる!」アメリカ、ミッドセンチュリーな家具と出会う。

昨日の内容は、『ミッドセンチュリーな家具たち』でした!!!我が家もミッドセンチュリーなモノを基本的にインテリアに取り入れています。
インテリア

家づくりの参考に北欧家具の収集研究者、織田氏の自邸を見てみるべし。

北欧家具が日本で有名になり、人気がある背景には、織田憲嗣氏の影響があると思います。 高島屋の宣伝部から、デザイン事務所経て、近代の家具研究に取り組み、北海道東海大学芸術工学部教授になり、そして現在はご自分で設計した北海道の素敵な森の中のご自邸で暮らしておられるそうです。
インテリア

ワンフロア、バリアフリー平屋の本棚の考え方。

家を建てる時、天井まである本棚を造りたいと思いました。 デンマークの家具デザイナー、フィン・ユールの家。凄く素敵でしょう!! この家はL字型の平屋です。だから、平屋の家としてすごく参考になる。 こんな本棚をどこかに設置したかったのです。
スポンサーリンク