家づくり

スポンサーリンク
お金のこと

節約のコツは買わない事だそうです。日本経済はどうなるのでしょうか。

それで、今日は皆が気になるお金と経済の事について書いてみようと思いました。なぜなら、、前々からおかしいと感じているからです。『なぜ、日本はずっとデフレなのに、この増税措置に疑問を持たないの?』という点です。
お金のこと

バリアフリーの平屋に住んで、丸5年。家づくりの終わりが来なくて楽しい。

「バリアフリーの平屋~」ブログを書き始めてから、1年経った。そして、「バリアフリーの平屋」に住んで、5年が経った。早いものです。
バリアフリーの家とは

あこがれのマイホーム。本当に家族の幸せに寄与する?

夫のリハビリ担当の方が現在、家づくり真っ最中。 夫に家を建てる時に何が一番重要かを聞かれたそう。 すでに契約して設計段階に入っている様子なので、家の造作の重要部分を聞きたかったのだろうと思うけど、本当に最も重要なことは何だろう。
インテリア

家づくりー家を建てるときに読んだ本。理想を現実に近づけるためにしていたこと。

我が家の理想はものすごく大きく膨らんでいたと思います。 多分、身の程を超えた理想と妄想が頭一杯になりすぎたのです。それでも、私の提案は参考になるものと言えないかもしれませんが、むしろ、最初に理想と妄想を掻き立てるアイデアを沢山自分に詰め込んでいた方が良いと思うのです。
バリアフリーの家とは

家づくりー経年で家の資産価値が上がったら日本住宅は変わるのか??

経済大国にいると、消費、消費で次々に物を買えという圧力が凄いですね。 特に日本は新しいものが好きなので、持ってなきゃいけない強迫観念がありますね。 しかし最近は、所有に関する人々の考えが多様になり、モノを買わない人が増えました。 経済格差が広がり、買えない人も増え、経済社会のサイクルが低下すると戦々恐々。
家のこと

夫婦におすすめの映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』暮らしに求めるものとは?

モーガン・フリーマンとダイアン・キートンが夫婦役って言う事だけでも凄く惹かれますが、何と言っても、『家』のお話ですから、インテリアが楽しめる映画だろうし、ニューヨークと彼らが住んでいるブルックリンは私たちも旅行で訪れた場所でもあるので、知ってる場所が映ってるかも~とワクワクして観た映画です。
バリアフリーの家とは

家の窓の位置を考えるー眺めのいい部屋って素敵じゃないですか?

”眺めのある生活”って良いですよね。 都心だと眺めがある部屋ってお高いし、お金持ちのステイタスって感じです。 現在の我が家はそこそこ田舎。他の人から言わせたら、超田舎?? でも、そんな田舎だからこそ、眺めのある暮らしを享受できています。
インテリア

家づくりの参考に北欧家具の収集研究者、織田氏の自邸を見てみるべし。

北欧家具が日本で有名になり、人気がある背景には、織田憲嗣氏の影響があると思います。 高島屋の宣伝部から、デザイン事務所経て、近代の家具研究に取り組み、北海道東海大学芸術工学部教授になり、そして現在はご自分で設計した北海道の素敵な森の中のご自邸で暮らしておられるそうです。
バリアフリーの家とは

後悔しない家づくりースーパー白洲そとん壁・我が家の外壁材の選び方と考え方

我が家の外壁材は「スーパー白洲そとん壁」というもの。鹿児島の”シラス台地”のシラスから出来ています。
インテリア

後悔しない家づくりー夫の好みか?妻の好みか?どちらが優先?

人の好みって千差万別、色々あります。特に男性と女性とでは『好み』って別れますよね。 女性ならロマンティック花柄やナチュラルなものが好きだったり、男性ならカッコいい材質や色の物が良かったり。家を建てる場合・・・なかなか違いが出てきます。
スポンサーリンク