スポンサーリンク

ミニマリストや断捨離、言葉に流されない自分に合った整理整頓法があるはず。

インテリア
スポンサーリンク

ミニマリストは興味ありません。
断捨離。単に捨てればいいってもんじゃない。

物がないと必然的にすっきりするかもしれません。でも生活していて何が楽しいのでしょう。
置き場がないからって、自分が好きな物や大切な物は簡単に捨てられません。

偉そうなことを言いましたが、モノの管理は大変。
だから、家を建てるときに真剣にモノの必要量は考えました。

私は「働く主婦」です。「時短」で物事を考える習慣が付きました。
”ポッカーン”と過ごしたい時間が欲しいのです。
家が片付いていなかったり、掃除ができていなくて、”ポッカーン”と過ごしてしまうと、そんな自分に腹が立つ。
「時短家事」で作った時間で心置きなく少しでも”ポッカーン”と過ごしたい。
そうするとですね、、家に物が少ない方が楽なんですよ。
家に物があふれると、片付けが大変になるからイヤという思考ににどんどんなるわけですよ。

基本、物を増やさない方針になる。
家のどの位置にその”モノ”を置くのか、どこに収納するのか?を考えると、買っても大丈夫か否か慎重になる訳です。
そんで安易に買ったら、やっぱりいらなかったかな。。無駄づかいしちゃったわ・・・ってなる。

前は必要でない欲しいものを買っていたと思います。
例えば洋服。
素敵なのをみると欲しくなりますよね。
でも、その場で着ると思っても着ない服ってありませんか?
そうすると、、家のクローゼットをぎゅうぎゅうにしてほぼゴミ化していく。
捨てるか、安くリサイクルショップに買いたたかれるか、メルカリなんかで売る羽目になります。
結局、必要な服以外ほとんど要らなくなくなってしまいました。
もちろん、小奇麗なおばさんで居たいので、そういう必要な服だけ。

それからね、、食器。
私は器や焼き物が凄く好きです。
ちょっとイイなぁ。。安くなってる~って思うと欲しくなる。
でも、、それも使いますか?って話ですよ。
これも、棚の中でゴミ化していく羽目になる。
普段のちょっとしたモノ、、「お!これは便利かも・・・」って本当に使うかしら??
具体的にいつどんな使い方をするだろうって想像するようになって。

スペース一杯に物があふれて行き場を失うことが返ってストレスになるんです。
この物をどうするのか、考えなければなりませんし、無理やりどこかへ入れたとしても結局はいつかどうにかせねばならない。
それは私の家事を増やす一因となるわけですから。
だから、家を建てるときに必要な物が入るだけのスペースを収納として設計し、余計な収納はあまり作らないことにしました。
不必要な物を増やさないためです。

でも、いつも買わないわけではありません。どんなものなら惜しまず買っているか??
私の場合は昔から古いものが好き。
アンティークショップや蚤の市、ビンテージの北欧家具や雑貨のお店とか、もう大好きです。
これからは手に入らないという希少価値もありますからね。
この前の戦利品!

デンマークのMichael Anderson&SonのBornholmの陶板

ちょっと寂しかった壁のアクセントにぴったりでした。

イギリスのカーテン生地とか素敵な柄の生地なんかも溜め込んでます、、

クッションとか自分で作ってやろうって思ってね。でも、まだ時間がないの。
そういうのはね、、眺めていても、買ってよかった~、やっぱりいいわ~って満足感に満たされるんですよね。
気に入ったものに囲まれると、家にいる時間がさらに楽しくなりますからね。
それから、旅行先で記念になるもの。大切な思い出を持って帰れます。全然お荷物にならない。
そういうモノの場合、保管場所を決めたり、棚のどこに置こうか?と考えるのが楽しかったりするんです。

あとは、美術本とかも増えてますが…。
だって、好きなんですもの。本棚に並んでいるのもインテリアとして素敵だったりするし。

自分がどんな暮らし方をしたいかで必要な物の量を決めればいいと思うんです。
快適に楽しく過ごせるならそれでいいと思うんです。

コメント