「Airbnbエアビーアンドビーとルーブル美術館」ルーブルのピラミッド下に宿泊?

旅行のこと
https://www.airbnb.jp/b/louvre
スポンサーリンク

民泊仲介業者の『Airbnb・エアービーアンドビー』、利用されたことがありますか?
なんと、今、「ルーブル美術館」に泊まれるという企画が!

この度、ルーヴル美術館のピラミッド築30周年を記念し、同美術館をまったく新しい角度から再発見できる特別限定企画をご用意しました。

Airbnbとルーヴル美術館は、ラッキーチャンスを手に入れたゲストとお連れ様1名様(2名1組)を対象に、明かりが消えた閉館後、ピラミッドを「一夜限りの家」に変身させ、宿泊する機会を提供します。魔法のようなひとときはそれで終わりません。一生に一度の「珠玉の宿泊」の機会のほかにも、Airbnbで予約できる特別な体験や少人数制のコンサートをご用意しています。

ルーヴルピラミッドを見上げて眠れば、気分はロバート・ラングドン。 4月30日ついにその夢が叶う時がきました。パリの中心で星にきらめくガラスピラミッドの下に眠る一夜に抽選で1組2名様をご招待します。

扉を固く閉ざし、消灯した後の静まり返った空間で、世界の美の殿堂ルーヴルを味わう生涯一度のワンチャンス。 ホストを務めるのはもちろん、 モナ・リザその人です。

コチラの企画、ホストはあの”モナ・リザ”様という設定になっております(笑)

1組2名様。抽選~! ”生涯一度のワンチャンス”なんですって。
ルーブルを貸し切りで宿泊なんて、なんと贅沢!

私たちが「ルーブル美術館」へ訪れたのは、ハネムーン。もう、10年も前の事。「ダヴィンチ・コード」はちゃんと見て行きましたよ。
ちゃんと、ガラスのピラミッド下で写真を撮りました!


しかしながら、広いうえに車いすルートやエレベーターを利用して見て廻るので、時間がかかるうえ、見たい所が目白押し、じっくりと見ることが出来たな…と思えるのは”モナ・リザ”だけ…。

というのは、”モナ・リザ”の前は厳重に分厚いガラスで覆われた上、一つ囲いが設けられており、人々はみなその囲いの外からしか見学ができません。
ですが、、車いすの見学者の特権とでも言いましょうか、私たちはこの囲いの中に誘導されて、他の見学者の皆さまよりずっと近くから見学することが出来たのです。

その、、”モナ・リザ”様がホストのこの企画。
スゴイ特典付きです。

『VIPガイドによる館内の案内』
『モナ・リザとゆっくりアペリティフ』
『ミロのヴィーナスとのディナー』
『ナポレオンの間でのコンサート』
そして、『ガラスのピラミッド下のベッドに眠る』
なんと、目覚めたら、そこで朝食が楽しめるそうです。

もしも、『ハネムーン旅行』でこんな体験が出来たら、スゴイですね!!
期日は2019年4月30日。
日本は何とゴールデンウィーク!しかも今年は10連休の方も多いはず。

応募締め切りは2019年4月12日23:59(中央ヨーロッパ標準時)です。
コチラから応募可能です。
https://www.airbnb.jp/b/louvre

5月から今年いっぱいは『Airbnb×ルーブル美術館』で色々とイベントやコンサートなどが企画されているようです。
この期間にパリへ旅行をご計画の方は、「Airbnb」で宿泊予約して「ルーブル美術館」見学はいかが???

というか、、私が行きたいなぁ。。。

コメント