スポンサーリンク

オーガニック洗剤every(エヴリィ)。多目的洗剤で家の洗剤を1本化?

働く主婦の時短家事
スポンサーリンク

我が家を建築して頂いた会社のイベントで、初めてオーガニック洗剤なるものを買いました。

環境を汚さず、安全で安心。ま、オーガニック洗剤ですから、そうでなくちゃですよね。
しかし、直感的にこれを”買い”だ!と判断した理由は、犬のシャンプーに使えると聞いたこと。
犬のシャンプー。。人間のものとは違い、成分表示の規制がありません。
何が入っているのか表示しなくても販売されているのです。
で、それが怖いワタクシは犬を「石鹸」で洗っておりますの。。。
それに代わるものとして良いかも!というのが強力な購買動機でしたが、説明を聞きますと、何でも家中の洗剤として使えるという何とも魅力的なお話です。

洗剤の数、、どれだけありますか?
洗濯用が3種類、食器用、お風呂用にトイレ用、拭き掃除用、これですでに7種類。
他にも、アルコールスプレーやらクエン酸、重曹にセスキ炭酸ソーダに…。
数えるとどんだけ色々買っている事か!
しかも、切らすのも嫌だから、ストック買い置き。
母とコストコへいくと、、、「腐らないから、どうせ使うから。」と買ってしまっております。
う~ん。何とかしたいとは思っていました。そもそも、やはり石油系の界面活性剤を排水に流すことも気になっていました。
しかしながら、私のような兼業主婦にとって、洗剤を考え直すといった、「丁寧な暮らし」への変換は何となく、、私にとって「手間のかかる暮らし」と感じていたのかもしれません。
サッと考えずにいつものを購入しそれをサイクル的に使うという習慣がもう染みついているのですね。

今のところ、残念ながらこれまでの洗剤ストックを使い切れておらず(ええ、これらを捨てるという事も変ですし。。。)、1本化には至っていませんが、この”オーガニック洗剤”での洗剤1本化には挑もうという気は満々なのです。

あ、もうとっくに使っていますよって方もいますよね…

every(エヴリィ)について。。

今トライしている『every(エヴリィ)』ですが、”シロクマ堂”というオンラインショップで購入もできます。私は建築会社さまより、とりあえず最初のセットを購入致しました。

エヴリィの説明をどうぞ。

everyは、植物性の洗浄成分と水でできています。


6つの不使用。鉱物油、香料、防腐剤、パラベン、アルコール、石油系界面活性剤

多くの石鹸や洗剤に含まれる、リン酸塩類、珪酸塩類、硫酸塩類、スルフォン酸塩類、苛性ソーダ等の苛性剤類、石油系界面活性剤・石油系溶剤類、石油系蒸留物類、グリコール・エーテル等のグリコール類、d-リモネン等のテルペン類、漂白剤等の塩素系類、試薬類、増粘剤類、防腐剤類、着色料類、香料類を一切入れていません。ということは、上の化学物質過敏症の方にも優しい洗浄剤といえます。

everyの植物性洗浄成分は、乳化、分散を行い、発泡剤を含みません。

さらに、石鹸カスの出る成分も含まず、汚れやこれまでにたまった石鹸カスもキレイにしながら下水へと流れていきます。

シロクマ堂より:https://www.bio1.jp/page/12

恐らく、アトピーやアレルギーなど化学物質に過敏な方にも使用できる様です。
詳しい内容は、シロクマ堂さんのページに詳しく載せられていますが、この他にも、

・遺伝子組み換えではない植物が原材料
・生分解性98.5%
・水で洗えるものほぼ全てに使える

といった、環境にやさしく、オールマイティな洗剤ということなのです。

我が家で使ってみる。

はい、まず犬!を実験台は気が引けたので、、我が家のお風呂のステンレスの排水溝にシュッシュとして見ることに。。
我が家のお風呂はバリアフリー仕様なので、浴室と脱衣との段差がありません。
ですから、溢れた水が脱衣場へ行かないよう、深めのステンレスの排水溝が設置されています。このステンに石鹸カスが付くのです。それで、お風呂上りにこの石鹸カスを防げるよう、シュッシュして置いてみました。
すると、、、次の日、何となくキレイ。そして、次の日もシュッシュとしておきますと、、、何だか石鹸カスが貯まっていない。イイ感じです。

そして、、、犬用としては・・・

・泡ポンプを利用して、耳掃除や、お散歩の後の肉球ケアに
・お散歩の前にも20倍に薄めたeveryをスプレーすると虫除けに
・8~10倍に希釈しシャンプーとして
・予洗いのドッグバス液として
・ケージのお掃除や、食器洗いに

と説明のとおり、犬のケアにもオールマイティに使えそうです。
我が家はまずシャンプーとして使いました。無印良品の泡ポンプに10倍に薄めて入れて、それを使います。
まず、自分の腕や足を洗ってみました。ん?泡は立たないけど、不必要に肌に負担を掛けずにツルッとキレイになってる?そして、ヌルヌルすることもなくサッと流せました。
これなら、犬に使っても大丈夫そうです。
犬は、夏場、比較的皮膚の病気になりやすいです。今年は大丈夫ですが何かしら毎年、お薬を貰ったりしていますので、これが防げると良いです。
やはり、泡でゴシゴシという風にはなりません。ですから、何となく洗ったという感触が無いのですが、体に泡っぽくなったeveryを乗せてもみ込み、そしてすすぎます。

すすぎはラクです。リンスなどはせず、このままとりあえずいつも通りドライヤーでキレイに乾かしてあげます。
洗いあがりの香りとかは全くなく、その後の皮膚の調子も悪くない。
犬臭も全然ありません。思いのほかゴシゴシもせずキレイに洗えました。
変に犬用シャンプーとリンス使うより全然いいかもしれない…。
暫くこれを続けて、皮膚の状態をチェックしてみようと思います。

使うメリットはアリ。

今のところ、スプレーに20倍で薄めたものをキッチンの拭き掃除に使ったり、お風呂掃除に使ったり、程度でしか使っていませんが、なんにでもOKと言う事もあり、これにはアレ、あっちにはコレ、と言わず、これ1本をあちらこちらと使えるというのが非常に良いです。
それと、いずれは食洗機と洗濯にも使ってみようと思っています。
洗剤が1本化というのは非常に忙しい主婦にとっては良さそうだという感触です。

これは、時短家事として十分機能しています。

費用対効果を考える。

費用対効果があるかないか。。。それはやはり使う量にもよるかと思うのです。

こちら、、、中々お高いです。300㎖で1,600円(税抜)です。
以下で販売されています。その他のサイズもありますが、価格はあまり変わりません。

every[エヴリィ]300ml
 every(エヴリィ)の優れた特徴everyは、植物性の洗浄成分と水でできています。 多くの石鹸や洗剤に含まれる、リン酸塩類、珪酸塩類、硫酸塩類、スル…

希釈することを考えると、多少安くはなるかもしれませんが、人の使う量の加減次第。
適切な量を使うと良いのですが、泡が立つものではないので、つい、シュッシュシュッシュしてしまう傾向があります。

だだ、今の洗剤を使い続けるよりこうした洗剤へシフトしたい。

それはやはり、体への安全でもあるし、環境への配慮でもあるし、そして、不必要な多くの洗剤から解放されることでもある。

うん。いいと思う!

コメント