スポンサーリンク

羊の国ニュージーランド。新型コロナウイルスへの対応に驚きました。

お金のこと
スポンサーリンク

羊の国。ニュージーランド。ここで過ごした日々が懐かしいです。
ニュージーランド。日本と同じ島国です。ですが、やはり『新型コロナウイルス』による”lockdown”、ロックダウン(都市封鎖)に入ることになったそうです。

日本人は清潔好きで潔癖症だから、、、世界よりはウイルスの蔓延が少ないのか??
いえ、、私は昨日の東京の感染者の数が突然増えたことで完全にそれは関係ないと確信しました。

初動から色々と日本政府の対応はオカシかったです。もう、今更ながらですが。

オリンピックを開催したくて、検査人数を極限に減らし、少なくカウントしていたとしか思えません。
そして今も対応は非常にオカシすぎて本当に笑えます。

現金を国民に給付することが日本政府は兎に角嫌なのですね。
商品券を配るというまたアレ?な事を言っておりますが、それさえも嫌そうな麻生さん。

もっと悲惨なのは・・・

『和牛商品券!!』って冗談???かと思いましたよ。

牛肉振興へ「お肉券」構想 経済対策、自民で浮上―新型コロナ:時事ドットコム
新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策として、国産牛肉の購入に使える「お肉券」(仮称)を配布する構想が自民党内で浮上していることが25日分かった。訪日外国人客の激減などで需要が低迷する和牛の消費喚起が狙い。ただ、日本全体に逆風が吹き付ける中、牛肉に特化した振興策には異論も予想され、実現するかは不透明だ。

読んだら、冗談では無かったので・・・。ええ、案の定利権がらみの様子。

もう、、完全に壊れていると思います。人の命はお金より軽いのでしょう。
誰もこれを不思議に思わないのでしょうか?

ええ。そんな日本とは違う他国を見ていると非常にうらやましい。
マトモな政治家がマトモに統治していますから。

その、まともな国のニュージーランド。
この国の首相は赤ちゃんを産み、”育休”を取って首相の仕事を子育てしながらやっている若い素敵な女性です。
何かと、、本当にいい感じです。前にも紹介しました。
赤ちゃんとニュージーランド議会の微笑ましいニュース。

本当のバリアフリーって何だろうか?赤ちゃんとニュージーランド議会
ニュージーランド議会は日本よりずっとずっと寛容だし、どんな人々の生活にも、結婚、出産、介護、死、といった過程があり、それを迎える家庭が社会生活に自然に受け入れられているような気がしました。

さて、政府によって決められたロックダウン。突然自宅待機と言われても、働けなくなり収入が無くなるという事が人々の最大の心配事です。
その為の人々が安心して過ごせるよう、ニュージーランド政府は早々の対応をしています。

ええ、人々への『現金給付』です。

詳しく見れていませんけど、収入が途絶えた人々の為に週20時間以上勤務なら週$585.80(週4万円ほど) 、それ以下で$350を現金給付です。
オンライン申請ですでに支給が始まっているという速い対応が取られています。

まだニュージーランドに死者や重傷者は出ていない。でも、もうやっています。

で・・・。日本は?

和牛商品券??

もう、これは色々とアレですな。
非常に恥ずかしいので、こうした日本の政治家の発言が世界に流れないことを祈ります。

昔の日本はもっとマシだった気がしてならないのは私だけでしょうか。。

コメント