スポンサーリンク

太陽光発電の売電量はお幾ら?坊ちゃん電力のフリーソーラープロジェクトのその後。

家のこと
スポンサーリンク

我が家も去年坊ちゃん電力のフリーソーラープロジェクトを介して太陽光発電を取付致しました。

フリーソーラープロジェクトでの太陽光発電の工事が終わりました。
端的に説明しますと、我が家からの太陽光発電のパネルから工事一式の支払いはしません。我が家に太陽光発電を屋根に乗せ、売電収入をフリーソーラープロジェクトが受け機材一式の支払いが終わったところで我が家の所有物となるという契約。

電気代や売電量がどれくらいなのかを記録しておこうと思います。

電気代に関しては『九州電力』と『坊ちゃん電力』の2社から請求・領収書が届きます。
昼間の一部電力を『坊ちゃん電力』を利用するという契約になっているからです。
(昼間の電気代がこちらの『坊ちゃん電力』の方が少しお安いのですが、太陽光発電の取付が完了した後すぐに『九州電力』の深夜割引が変わり、深夜電力の価格が上がってしまったので相対的にトントン??)

そして、、売電の購入電力量のお知らせが『九州電力』から届きます。

この、九州電力から支払われる売電金額はそのまま「再エネ推進企業」へと支払われます。
太陽光発電設備代は「再エネ推進企業」が最初に支払っているので、九州電力からの売電収入はこちらへ払われます。一式の設備代を売電価格が満たすと、太陽光発電設備一式が我が家の所有にスライドするのです。

まあ、自分で太陽光発電を取り付けるとするなら、住宅ローンの借入額が増えるわけですし、その分余計に金利も支払うことになりますから、その部分の節約と言うのがメリット。
ただ、売電次第ではありますが、約10年後という長い時間を経ないと我が家の所有にはなりません。
しかし、ソーラーパネルの寿命などを考慮してもその後の利用がまだ可能であると思われますから、一つの物的資産を初期投資ゼロで得られると考えることが出来るのではないでしょうか?

と言う事で、、ひと月の電気代が昨年から大きく変わることはありませんでした。

ね、、電気代に大きな差はありません。

売電のお知らせが届くようになって半年。現在 172,482円。
単純にあと半年と考えると、、34万円くらいは稼いでくれるのかな??
10キロワット以下の設定での精算額です。

我が家の電気代が高いのか安いのかは良く解りませんが、電気自動車に乗っておりますので、ガソリン代を含んだ電気代と考えるとかなり節約になっていると感じています。

約300万ほどの太陽光発電の設備代ですので、、やはり約10年くらいでペイできるという事になりますね。
まあ、今後も同様に電力会社が個人宅の電力を購入し続けてくれるのかは解りませんが。

蓄電池など進歩し、この太陽光発電のみで家一件分のエネルギーを賄い、電力会社からの供給に頼ることなく暮らせるようになると良いのですけどね。

まだまだ、それは難しそうです。

コメント