スポンサーリンク

観葉植物を枯らしたくない。まずマスターすべきは”水やり”。

インテリア
スポンサーリンク

 

室内にもっと緑が欲しいと思うようになって、観葉植物を少しづつ増やしています。
観葉植物は”枯れる”ので、枯れずに生き残っている”植物だけ”が我が家にあります。
しかしですね、これは間違いで”枯れる”にはもちろん理由があるのです。

原因は私の”気まま”な水やり。

ええ、やはりね、我が母はたくさんの”観葉植物”を犠牲に…枯らしてきた分、習得した知識を持っておりまして、、、ワタクシが購入した”観葉植物”の多くは『間違った水やり』が原因であるという事。

3月ごろ、観葉植物を購入したんです。

以下の4種類・・・

レックスベゴニア・エスカルゴ
名前のごとく、葉はカタツムリの渦巻きみたい。葉には産毛があり質感が面白いのです。


ベゴニアの一種なのですが、、買った当初はとても美しかった。
しかし、ある日、葉がしなっとなった。
「水が足りなかったかな?」と水をあげて、それから枯らしてはいけない!と過保護に水をやっておりまして、、、
で、、、一本、また一本と葉がしなっとなり、、、母に相談すると、「水のあげすぎで根腐れ起こしたのよ。。。」と。鉢から出して”根”を確認すると、母の指摘通り、”根腐れ”。
鉢から出すと根がポロっと落ちる。色も黒っぽい。こういうのは全部腐っているんだって。
腐ったであろう”根”を取って新しい土に植えなおし、回復を祈りましたが、ご臨終なさいました。

ピレア・ペペロミオイデス
葉っぱが丸くてかわいい。名前もなんだか可愛い。グリーンが鮮やか♪

こちらもね、、、すこーし元気がない気がしてきてね、母診断はやはり「根腐れ」。
鉢から出すと根がポロっと落ちるところがある。
黒くなった根を取り除き、新しい土で植えなおして回復してきている様子。

シンゴニウム・チョコレート
葉の色が珍しい。葉の裏は紫がかっていてまたそれもキレイ。
つる性で個性的な色のものも加えたくて。
今は元気に育ってる。置き場所と水やりの頻度が間違っていなかった様子。
恐らく、私の適当水やりでも元気でいてくれるタイプの様です。

ポリポジウム・ブルースター
これは北欧家具屋さんで見たものがとても感じよくて。
同じであろう観葉植物を購入。葉の色が角度によってはブルーっぽい色に見えるので、”ブルースター”なのでしょうね。
シダの種類ですが、葉の形や大きさがバラバラで不ぞろい。いわゆるシダ植物っぽくなく、ふんわりしていて素敵なのです。

これはね、多分ポトス並みに管理しやすそう。私の適当水やりでも生きていけるタイプと思う。だから、これは今のところ全く心配なし。次々と新しい芽も出てきてくれています。

やはり、植物は一つ一つ個性があって、部屋のどこに置くか?日当たり加減は?どれくらい土が乾くのか?
色々と植物にはお好みがあるのです。。実際、ここに置きたいな~とか、ここで良かろう、そろそろ水をあげとくか~ではダメなんですよね。
私も買っては枯らし、、では無く、ちゃんと植物が最大のパフォーマンスが出来る状態を探してあげられるようになりたいわ!

まずは植物に合った「水やり」をマスターして根腐れを回避したい。

とても素敵な『桐島かれん』さんの”観葉植物”たちのように出来たらいいな~♪

『桐島かれん』さんのYoutubeを見ています。その中に”観葉植物”との暮らし方がありまして。。。参考になる点が多々ありました。インテリアも含めてたくさん!!

桐島かれん at Home #3 観葉植物と暮らす 〜冬のお手入れ〜 Caring for Houseplants in Winter
桐島かれん at Home #8 観葉植物と暮らす〜私の「ホヤ」コレクション〜My Hoya Collection

インテリアが素敵だし、植物を入れている”鉢カバー”も参考になります。
私もですが、やはり古い器や籠なんかを利用されているようです。
何より、とても大切に植物をお世話されている…。

程遠いけど、ちょっぴりでもかれんさんの観葉植物に近づけると良いなと思っています。

コメント