「税金泥棒発言」と「山本太郎氏」と私のモヤモヤ。

福祉のこと
スポンサーリンク

ブログに書きたい内容ではないけど、どうしても”モヤモヤ”する。普段は気に掛からないけど、ちょっと頭に隙があると、いつのまにか考えてる。
多分、”モヤモヤ”が晴れないから。
晴れないから、ちょっと書いて晴らしたい気持ち??かもね。

モヤモヤの発端は堀江貴文氏の「税金泥棒」の話をネットのニュースでチラ見した時から。どうせ、また彼のくだらない発言が炎上でもしたのかなと気に留めなかった。でも、その後の話がさらにあったらしく、ネットニュースの見出しでまたこの「税金泥棒」の文字を見かけた。
内容は堀江氏の「税金泥棒」発言に関するツイートと、ツイートへのリプライ内容。

普段から、社会の出来事を知って深入りすると気分が滅入るので、あまり気に掛けないようにしてるのだけど、今回はやはり”モヤモヤ”する。

なんでかというと、、障がい者の夫も堀江氏からすると「税金泥棒」と言われている気がしたから。彼の解釈からすると、”納税”よりも”給付”が多いと「税金泥棒」になるらしい。

だから、なんとも知れない腹立たしさを彼に感じているのだと思う。

そういう発言を著名人がするということの影響力を知っていながら、わざとする。
それは、彼が人を見下しているからこういった発言が出来る。

そういう人はそうすればイイと思うけど、如何せん「泥棒」っていうのは酷い。
むしろ、本当に「税金泥棒」しているのはもっと別の世界にいるでしょ?

こういう、人の心を無視して平気で物を語る人が時折いる。
だから、ツイッターって好きじゃない。

反面、昨日テレビで山本太郎氏の政見放送があっているのを見た。
正直、選挙の立候補者の叫びはその場だけにしか感じない。
通ればいいだけの選挙だから、相当おかしな人でさえ、議員になれる。

なんでテレビを消さずに「山本太郎氏」の政見放送を見たかというと理由がある。
彼はいつも他の議員から見下された視線を浴びている人だから
数年前、野党と与党と党首同士のテレビ討論みたいなのを見たら、彼が発言するたび、冷ややかな見下しの視線を他の党首はテレビに映りつつも平気でしていた。
それが、失礼だとか人として恥だとは一切思っていないという彼らの人格が如実に見える。

こうした、色々なことは茶番劇と思って見てる。

でも、その時の著名な某党首らの山本氏への見下しの視線にはやはり凄くむかついた。
それでも、ひるまず一生懸命に語る山本氏の姿には、他の議員たちとは違う『真剣さ』を感じざるを得なかった。

政治界のごちゃごちゃには全く興味がない。
正直、この政治界の中が一番「税金泥棒」が起こっているでしょ
ホリエモンも世の中をうまく渡って、人を見下し、上手に富を得ているそっち側の人としか思ってない。

わたしの中の山本太郎は今となっては全然変わってしまったけど、『世界ウルルン滞在記』で現地民に裸で体当たりする、面白い人。
彼をテレビで見ていたのはこの番組が一番多い。
それ以外は、むか~しの『ダンス甲子園』の淡い記憶くらい。

私には支持政党も無ければ、利害関係で仕方なく入れなければならない選挙候補者もいない。
利害関係でどうこうと言われても、それは無視して勝手に自分で選んで投票する。だって、それがほんとの選挙だから。

山本氏が語ることから、今回は考えた。

【字幕入り】政見放送・れいわ新選組代表 山本太郎 参院選2019

だって、我が家は障がい者のいる家庭なの。
興味は無いけど、こんなこと語った候補者はこれまで見たことが無い。
一時の「熱」的なものが在るかもしれないけど、やはり、私には堀江氏から受けた奇妙な”モヤモヤ”を晴らすために行動しようと思った。

山本氏はこう語ってくれました。

「生きているだけであなたには価値がある。」
そう感じれる社会を作りたい。重度の障害を抱えていても難病を抱えていても、人間の尊厳を守れる社会はあなたが守られる社会です。

そう、「税金泥棒」なんていう人がいる社会には住みたくない。
彼の言っていること、しようとしている事、私は間違ってないと思います。
彼が語っている事、私も気づいていました。
彼が調べ、語ってくれた数字が今の日本の現実を表しています。
ハッキリと言ってくれて嬉しかった。

嘘をついて泥棒しているのは。。。本当は誰なのでしょうか?
ちゃんと知って考える事は大事です。

コメント