バリアフリーの家とは

スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

<キッチン>見せる収納か見せない収納か?それが問題だ。

キッチンも思い描くものは多々あれど、それが自分の家にぴったりと収められるかというとそうはいかないし、選ぶキッチンの素材やインテリアの趣向に合わせて『収納方法』も大きく変わる。
バリアフリーの家とは

<キッチン>オープンかクローズドか。それが問題だ。

家を建てるときに一番悩むところ。それは、キッチン。最初に悩むのは、オープンにするのか、クローズドにするのか。どっちにするかで、間取りが大きく変わってくる。
インテリア

イケアのシステム収納「ALGOT アルゴート」の棚板を追加する。

我が家の洗面ルームの収納にはイケアのシステム収納”ALGOT アルゴート”を使っています。アルゴートは私と夫が使いやすく自由に収納を作るために大変助かったイケアアイテム。
スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

あこがれのマイホーム。本当に家族の幸せに寄与する?

夫のリハビリ担当の方が現在、家づくり真っ最中。 夫に家を建てる時に何が一番重要かを聞かれたそう。 すでに契約して設計段階に入っている様子なので、家の造作の重要部分を聞きたかったのだろうと思うけど、本当に最も重要なことは何だろう。
インテリア

家づくりー家を建てるときに読んだ本。理想を現実に近づけるためにしていたこと。

我が家の理想はものすごく大きく膨らんでいたと思います。 多分、身の程を超えた理想と妄想が頭一杯になりすぎたのです。それでも、私の提案は参考になるものと言えないかもしれませんが、むしろ、最初に理想と妄想を掻き立てるアイデアを沢山自分に詰め込んでいた方が良いと思うのです。
バリアフリーの家とは

家づくりー経年で家の資産価値が上がったら日本住宅は変わるのか??

経済大国にいると、消費、消費で次々に物を買えという圧力が凄いですね。 特に日本は新しいものが好きなので、持ってなきゃいけない強迫観念がありますね。 しかし最近は、所有に関する人々の考えが多様になり、モノを買わない人が増えました。 経済格差が広がり、買えない人も増え、経済社会のサイクルが低下すると戦々恐々。
バリアフリーの家とは

家の窓の位置を考えるー眺めのいい部屋って素敵じゃないですか?

”眺めのある生活”って良いですよね。 都心だと眺めがある部屋ってお高いし、お金持ちのステイタスって感じです。 現在の我が家はそこそこ田舎。他の人から言わせたら、超田舎?? でも、そんな田舎だからこそ、眺めのある暮らしを享受できています。
バリアフリーの家とは

建築コスト削減の仕方ーIKEAクローゼットと本棚を自分で組み立て。

我が家はバリアフリー平屋。基本、家全体がワンフロアのような造り。 玄関から入って、左方面にクローゼットや寝室などのプライベートスペースがあり、右方面にはキッチンやリビングといったスペースの間取りとなっています。
インテリア

ワンフロア、バリアフリー平屋の本棚の考え方。

家を建てる時、天井まである本棚を造りたいと思いました。 デンマークの家具デザイナー、フィン・ユールの家。凄く素敵でしょう!! この家はL字型の平屋です。だから、平屋の家としてすごく参考になる。 こんな本棚をどこかに設置したかったのです。
インテリア

北欧インテリアー原点はここだけど、我が家なりのアレンジと好きなもの。

どんな家にしたいか?どんなインテリアにするのか?考えますよね。我が家のインテリアの多くはやはり、インテリア先進国「北欧」を抜きには語れないと思っています。なぜなら、使いやすさと美しいデザインを融合させた質の良いモノをたくさん創り上げてきた現代デザインの宝庫だからです。
スポンサーリンク