バリアフリーの家とは

スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

台風被害。仮設住宅に60万円・24時間で出来る『3Dプリンターハウス』どう?

私が考える事ではありませんが、前から気になっている『サンフランシスコ発の24時間、60万円で建てられる家』が非常に良くて。これなら、土地はあるけど家を建てるには資金が不足するとか、二重ローンを抱えてしまう事になる人にとって、選択肢を広げられると思うのです。
バリアフリーの家とは

木製縦格子の塗装ーホウ酸塗装とウッドエイドの塗装

電動サンダーで塗装の為の下処理を行いました。これがかなりの重労働であったので、ウッドエイド塗装はラクだろうとタカをくくっておりましたが、やはり塗装も中々大変でございました…。
バリアフリーの家とは

木製縦格子の塗装ー下準備・電動サンダー掛け

電動サンダーですが、初めて使いますし他の商品を試したこともないので比較の感想が出来ませんが、購入しました「新興製作所・電動サンダー」は素人でも簡単に使えました。付属のヤスリは布製ですので比較的長持ちします。
スポンサーリンク
バリアフリーの家とは

フリーソーラープロジェクト。太陽光発電を付けることにします。

我が家の屋根。太陽光発電には持ってこいな屋根。付ければ多分沢山発電するであろう屋根。平屋だから、屋根がドバーッとあるし、辺りは太陽を遮る建物もない。
バリアフリーの家とは

<庭づくり>夏の花を楽しめる”グレビレア”は植えて正解!& 植えて正解な植物たち。

我が家の植栽にオーストラリアンプランツの”グレビレア・ロビン・ゴードン”を選んだことを以前書きました。最初はちゃんと育ってくれるか不安でしたが、管理の仕方や肥料についても学習し、花を持続的に咲かせている様子をお伝えしました。
バリアフリーの家とは

ホウ酸塩の防蟻・防腐処理のこと。木製格子の塗料にオスモよりウッドエイド。

オスモでのメンテナンスでも十分だとは思うのですが、そもそもの木材の寿命を延ばしてあげたいと思った事とメンテナンスの頻度を出来るだけ伸ばしたいと思ったので、他にいい塗料がないものかと探してみたのです。
バリアフリーの家とは

我が家の伸びるホース遍歴。通算10本購入。でも、コレが良いのだ。

ホースの種類ってたくさんある。その中でも、お気に入りは『伸びるホース』。賛否両論ある疑惑の『伸びるホース』である。当初はアメリカの通販サイトから始まり、日本でも売られるようになった。”マジックホース”とかだったかな。
バリアフリーの家とは

『木もちe-デッキ』メンテナンス不足のデッキをケルヒャーで洗浄すると…。

ウッドデッキにメンテナンスは欠かせない。しかし、イペやウリンなどの”ハードウッド”にしていた場合はさほど必要が無いのかもしれませんが、我が家のデッキは『木もちe-デッキ』と言われるもので木材の種類は”杉”です。
バリアフリーの家とは

そとん壁が汚れたらー5年点検で教えてもらった、汚れ解消法と汚れる理由について。

我が家の外壁材は『スーパー白州そとん壁』最強外壁~!!っと私が勝手に一押ししている外壁材です。5年経過した我が家の”そとん壁”ほぼ奇麗だと思っておりましたが、5年点検の際、汚れがありますね~と言われました。
バリアフリーの家とは

中霧島壁のメンテナンスー5年点検で手に入れたものと教えてもらった事。

家の5年目の点検がありました。我が家の室内の壁は『中霧島壁』。塗り壁です。以前に描いた通り、この塗り壁にしておいて良かったと本当に思います。調湿機能と消臭機能。快適です。ですが、デメリットもあります。
スポンサーリンク