スポンサーリンク

私の自己啓発マンガ。『きょうの猫村さん』がテレビで実写化です。

日々のこと
スポンサーリンク

2月22日。
ニャンニャンニャンの日です。

我が家に猫といったら子供のころから欠かせない存在でした。
一番最初に父が自分のお小遣いを叩き買った猫はペルシャ猫のチンチラでした。
”モペット”と名付けられ、我が家の愛猫となりましたが、、、まだ6歳だった私には時に恐怖の存在。だって、猫って順位付けするでしょ。。一番小さかった私は…もちろん一番下です。
いつも背中に飛び掛かられては引っかかれ、私がお風呂に入ろうとスカートを脱ぐと思いっきり飛び掛かってくる…引っかかれては泣いてましたね。

かと言って、父とは柱の陰から互いに狙いあって楽しく遊ぶのです。
モペットがお尻をムクムクさせて柱の陰に隠れる父にダーッと走って遊ぶ姿を思い起こしすと、笑いが込み上げます。

”モペット”はオス猫にも関わらず、母性本能を持つ不思議な猫でした。
沢山のエピソードのある我が家の初代の猫でした。

その後にも我が家にはずっと代替わりしながら、猫のいる暮らし。
友達の家に生まれた猫を引き取ったり、拾った猫を飼い、里親探しを何度したかな。。

子猫保護記=子猫を拾って保護したらまずは動物病院へ行こう!
→拾った猫ちゃんは必ず最初に病院へ行ったがいいです。 回虫やら耳ダニやらついています。これを早く治してあげないと、一緒に飼っている猫や犬にもよくありませんからね。。やはり、野良ちゃんだったのでしょう。回虫と耳ダニ、マラセチアが発見されました。お薬をもらって、とりあえず一安心です。

だから、私にとって”猫”はとても身近な存在。

アイキャッチに写る猫は実家で母が可愛がっている”モペット”
恐らく、この子が末代の”モペット”。初代”モペット”も長毛種だったので、母は最後にまた長毛種の猫を飼いたかったらしい。やはり、この子もちょっと変な猫。

 

だから、猫が『家政婦』となって…というお話に喰いつかないはずがない。
最初は面白がって見てたけど、その猫村さんのひたむきな努力に私はたくさんの啓発を受けました。想像以上に深いストーリー。
そして私にとっての”自己啓発本”となりました。

悩み解決に『今日の猫村さん』のススメ。
猫村さんは私にとっての自己啓発本なんです。世間には『自己啓発本』ってゴマンとあって、、ものすごい勢いで売れる本がありますよね。心理・哲学的なものから宗教的なものまで。嫌われる・・・幸せに・・・。アドラー云々。もちろん、いい本だと思います。でもね、これで皆が幸せを掴んで生きれるようになっているのかは疑問。

そんなお話が実写化!!というニュース。

性別も生物の垣根も超えて、松重豊が”猫の猫村さん”に化ける!|テレ東プラス
テレビ東京は4月8日(水)深夜0時52分から、ミニドラマ「きょうの猫村さん」の放送を開始します。本作は、2005年7月から単行本を発行し、累計330万部以上を誇る、大人気コミック・ほしよりこ作「きょ…

ニャンニャンニャンの日に合わせて発表されたのですね。
なんだか、、、このお話をどんな風にテレビ的には捉えるのか興味が沸きますが。

また、演じる俳優さんが”松重豊”さん。
テレビドラマをほとんど見ない私には、思い浮かぶのは「孤独のグルメ」。
有名な俳優さんですが、これしかパッと思い浮かばなくて申し訳ないです。
???猫村さんは”女性”ですが、これを男性俳優さんが演じるということがまた面白そうです。

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/entry/2020/021305.html

放送時間が遅いので、、、毎週水曜日深夜0:52~58。2020年4月8日(水)スタート全24回。

2分30秒というミニドラマ。これを見ることが恐らく不可能です。
どうしようかな。やっぱり、、いい加減にテレビを録画できるようにしてくれないかな。。
夫様、、考えといて下さいな。

コメント