スポンサーリンク

”肉”を減らして”豆”を食らう!

日々のこと
スポンサーリンク

きな粉餅が好きです。
夫も”餅”が好きなので、時々「きな粉餅」をします。
「きな粉餅」の時のお皿はアラビアのコスモスのお皿と決めています。お餅2個が丁度納まる。
アラビアのコスモスは使い勝手が良く、我が家のお気に入り。和皿としても洋皿としても使えるので大変重宝しています。


きな粉は大豆の香ばしさが良いし、素朴な味も好きだし、それに体にも優しい。

昔から”豆”が好きなんです。”マメ”という言葉の響きもいい。
好きと言いつつ、餡子(あんこ)はあまり好きじゃないし、グリーンピースは嫌いだったし、”豆”が全部好きな訳では無いけど、豆のスープとか、豆のコロッケとか、料理次第で、すっごく美味しくなるから多分好き。

改めて”豆”っていいなと思う。

歳を取ると脂っこいものが食べられなくなるってみんな言う。
私は絶対「食べ続けるわ!」って思ってたのですが、お肉の脂・・・特に牛肉の”脂”を沢山食べるとすぐにお腹がいっぱいになるようになった。

歳です。

でも、ニューヨークで食べたステーキは・・・美味しかったです。

忘れられない美味しい熟成肉 in New york ニューヨーク
評判の”熟成肉”を食べずに帰る訳には行かない。内心、いや、”和牛”を超えるものはないさ。と思ってもいたのですが。色々と下調べの上、車いすでも入れそうで、ホテルからも近かった老舗のステーキ屋さん「ウルフギャングズステーキハウス」へ!

やはり、”食べもの”にはお国柄というものが在りまして、アジア人のワタクシたちには観光旅行で美味しく楽しく”食べる”という経験が出来たことで十分ですね。

やはり年齢と体に合わせた食事に・・・と言うか、沢山お肉を食べられないという現実がちゃんと到来した事プラス、色々と考える事が増えました。

『年取るほど肉を食べよ』なんてテレビであってたりするけど、、イヤ、私はたんぱく源に”肉”より”豆”に進もう!と考えています。
ええ、”肉断ち”をしようとしているわけでも、ベジタリアンやビーガンになろうと言う訳でもありませんが、肉食をこれまでよりも少なくし、豆でたんぱく源の方が良いだろうなと思うのです。

これだけじゃない、ホントは別の理由がある。

一つは、日本に入ってくる輸入肉が信頼できないこと。

関西よつ葉連絡会 | File.26 米国産牛肉と肥育ホルモン剤
関西よつ葉連絡会は産直の野菜や果物、お肉などを1軒ずつ玄関先までお届けします。直営農場やプライベートブランド工場で生産した安全でおいしい自然食を、関西一円に宅配します

ヨーロッパでガンは減っているのに、日本のガンは増えていることは事実だし。

さらに、肉が生産される経過は環境と密接に関係していること。
大量の肉が生産されることで環境を破壊しているのは言わずと知れた事実です。
去年も問題になったブラジルの焼き畑農業の背景には、人の暮らしとおカネの問題が複雑に絡み合っています。

南米アマゾン森林火災 苦悩する先住民族|特集ダイジェスト|NHK 国際報道
 

アマゾンに暮らす先住民はもう生きていけません。
ブラジルだけでは無いですよね。アフリカでも同じだろうし、アメリカなどの巨大農業の形態は広い国土を所有する国々へと広がってしまい、その多くは先進国の人間たちがたくさん食べるためのもの。

酸素放出に欠かせない大切な自然がどんどん減る、かと言って焼き畑で広げた農地で農家や畜産業の人々の暮らしが潤うようになったかと言うとそうでは無い。

現地に住まう人々は家を失いさらに貧困化していくという現実です。
作物が出来たとしても彼らの口に入る前に輸出されていくという悪循環も起きている。

本当に”人”より”金”。

選んで買うしかできない。

私には何にも出来ません。ただ、まともに作られているであろうモノを選んで買う事だけです。

食肉に関して言えば、世界での食肉文化は広がりすぎていると思う。
日本もお肉メインのステーキチェーン店があまりにも増えすぎたと思う。

ここ最近スーパーの安い輸入肉が増えた。

基準が甘くなった日本への肉の輸出はホルモン剤を前より多く使用し、安価にしかも早々に太らせ、ドンドンお店に並んでいるわけです。牛や豚が食べる飼料は安い賃金で雇われ、焼き畑された農地で作られる。

”お肉”が食べたいかと言うともちろん美味しいですし食べたくないわけでは無い。
でももう、スーパーに並ぶ”お得”な輸入肉を見ると辛くて買うどころか悲しくなるのです。

どうすべきかは良く解りませんが、出来るなら適正な価格で安全に適正に育てられたであろうお肉をたまに大切においしく安心して食そうと思うのです。

私のように考える人が増えたら、循環と安全基準はまた変わるのかも知れない。

そういう事で、我が家はお肉の代りに”豆料理”を充実させる。

だって、”豆”は昔から日本人が食してきたという文化があります。お豆腐にお味噌に醤油も。
それから、世界中にも美味しい豆料理が沢山あるし。
中央アジアや中東なんかの豆料理を習得しても良いわね。凄く美味しそうだもの。

なんで豆料理をあまりしなかったかって、豆って煮るのに時間が掛かる。だから、普段のメイン料理に使ってこなかったなと気付きました。
折角”お豆”が大好きなのに。。。だから、”豆”なレシピを時短料理で習得し、新たな楽しい食卓になる様、試みるのです。

豆には沢山種類がある。色んな種類の豆を買って食べてみよう!

それに我が家には”玄米”を炊くための「圧力鍋」がある。
もっと活用して豆料理の世界を広げようと思うのです。

コメント