スポンサーリンク

牛乳を減らして、豆乳ヨーグルトへシフト。これは…?

家のこと
スポンサーリンク

地産地消することは凄く大事だと思っています。
九州産で良いものがあるなら出来るだけ九州産を選ぶようにしています。
それは輸送エネルギーの問題もありますし、地域を豊かにする意味においても重要であると考えます。幸い、私が暮らす福岡には地域に根差した多くの産物があります。

”JA全農ふくれん”の子会社で『ふくれん』という企業があります。
学校給食に出てくる”オレンジジュース”と言えば『農協ふくれん』のものでした。

この昔から聞き馴染みのある『ふくれん』では、九州産の”ふくゆたか”という大豆から作られた”成分無調整豆乳”を作っています。

でも、ワタクシ。。豆乳が嫌いです。お豆腐は凄く好きなのですが、、この豆乳をそのまま飲むのはちょっと苦手です。スープに入れたり、料理に使ったりするのは全然問題なく、美味しいと思えるのですけど。

牛乳よりも豆乳が良いだろうな~と前々から思ってはいたのですが、やはり苦手と言う点からいつも牛乳を買っておりました。
しかし、、「肉より豆。」計画に並行して、「牛乳より豆乳」にもしたいなと。。

ホームベーカリーで自家製食パン、ヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトという生活を長らく送っているので、この、ヨーグルトメーカーで作るヨーグルトを豆乳にシフトしてみようと思いました。ヨーグルトになったら、少しは美味しく頂けるのではないかと言う期待です。
しかも、ちょっと調べると豆乳ヨーグルトって牛乳のヨーグルトと同じに作れるんですね!

そうだ!『ふくれん』の”ふくゆたか豆乳”でヨーグルトを作るように切り替えてみよう!ってことにしたのです。

成分無調整豆乳を購入しました。
しかも、牛乳だと長期保存が出来ませんが、常温で保存ができるので、買いたいときに買っておくことが可能です。ネットで多めに買えば自宅まで届けてもらえるうえ、ストックが出来るという事は災害や今回の様なコロナウイルスなどで外出があまり出来ないとなった非常時にも役立つのではないかと感じました。

さて、、、問題は”ヨーグルトの種菌”です。
いつもは普通にスーパーで売られている”R-1”のドリンクタイプが混ぜやすいのでそれで作ったり、”ダノンヨーグルト”の無糖のものをめんどくさいけど混ぜたりしていますが、、初めて作る”豆乳ヨーグルト”で失敗するのがちょっと怖いので、豆乳でも絶対に出来るという”ヨーグルトの種菌”を探しました。

豆乳ヨーグルトにも最適と書かれていた『ダヒ ヨーグルト』というものがありました。

出来栄えは??

バッチリ!固まりました。顆粒状になった”種菌”を混ぜるだけで放置して出来るとのことでしたが、一応私はヨーグルトメーカーに入れて、40度で8時間置いてみました。会社に行っている間に出来ているように。。。

とろみは無く。。まるで”お豆腐”のようになりました。。

ええ、食した感じも、、お豆腐のようです。大豆の風味が残ります。
これが大好きな方はOKです。。しかし、、いつものようにフルーツにのせ、はちみつをちょっと付けますと、やはり多少クセがあるというのが正直な答えです。
やはり、、、牛乳のヨーグルトの酸味って美味しさの一つなんですね。
このヨーグルト菌はインド系のもので酸味が少ないとも書かれていたので、、、。その通り酸味はあまり感じません。

しかしながら、、、これはそのうち慣れてきそうな気もします。むしろ、、お醤油をかけたら??美味しかったりして!
あるいは、、、白和え?味噌なんかとも相性が良いかもしれませんし、カレーには普通に使えばまろやかな仕上がりになりそうです。。
おぼろスープみたいにも出来るかな??

まあ、当座はいつものように朝にフルーツと一緒に食すというルーテインを変えるのが難しいので継続します。

美味しい食べ方を発掘し、この”豆乳ヨーグルト”を使いこなせるように考えます!

コメント